阿宗麵線
阿宗麵線とは、台湾のB級グルメである麺線のお店です。麺線は鰹ダシの効いた、とろみとコクのあるスープでそう麺を煮込んだものです。
阿宗麺線では漢方調味料で煮込んだ豚の大腸が入っています。注文する際、パクチー(香菜)を入れるか日本語で聞かれます。調味料置き場にはチリソース(阿宗辣椒醬)、ガーリック、お酢の3種類のタレが置いてあり、自由にトッピング出来ます。
1975年に開業した立ち食いのお店で、お店の前が麺線を食べる客だらけになる程人気です。忠孝復興駅にある支店では椅子とテーブルがあり、座って食べる事が出来ます。

基本情報

住所
台北市峨嵋街8号之1
アクセス
MRT「西門駅」から徒歩約3分です。
営業時間
9:00~23:00
料金
サイズ大(大碗):65元
サイズ小(小碗):50元
休業日
年中無休
その他

注文方法

レジカウンターがある右側の列に並び注文します。注文の際は大碗(ダーワン)か小碗(シャオワン)を告げるだけで大丈夫です。注文した後、麺線を容器によそっている左側に移動して、受け取るだけです。
またはサイズ大の場合は「ラージ」、サイズ小の場合は「スモール」と言っても通じます。
メニュー

メニュー

品名日本語料金
大碗麺線(大サイズ)65元
小碗麺線(小サイズ)50元
阿宗辣椒醬阿宗チリソース130元
阿宗辣椒醬の中身は、唐辛子、香り油、醤油です。

料理の感想

麺はこしがない細麺で、麺は煮込まれています。大腸が入っているため好き嫌いが分かれるかもしれません。和食でも中華でも点心でもなく、独特です。そのまま食べるよりも、チリソースとガーリック、お酢をトッピングすると美味しくなります。
お店の外観
立ち食いが基本になります。