トップ>台湾>台北・新北>永和豆漿(西門店)
永和豆漿(西門店)
台湾の朝ごはんと昼ごはんのお店です。
持ち帰りの客が多いですが、混み合う時間は座席が埋まってしまうこともあります。
このお店の鹹豆漿はスープにおぼろ豆腐が入った感じす。
基本情報
住所
台北市中正区漢口街二段30号
アクセス
MRT西門駅の6番出口を出て徒歩5分。漢口街にあります。
営業時間
5:30~14:00
混み合う時間
平日:7:30~9:30、11:30~13:00
休日:10:30~13:00
料金
1人150元以内
休業日
年中無休
その他
注文方法
店外の通路に置いてある白紙にメニュー表を見ながらメニューと個数を記載します。メニュー表は実際の料理写真が幾つか載っているため、分かりやすいです。
座席の左側が並ぶ列になっており、そこに並び、レジ前にいる店員に記載した紙を渡します。
持ち帰り用も店内で食べる用も注文方法は同じなので、店員に紙を渡す前に持ち帰り用なら「外帯」、店内で食べる用なら「内用」と記載した方が良いです。
店内で食べる場合、カードを渡されるので、それを持って席を確保します。注文した料理は席に運ばれてきます。お会計は食べ終わってカードをレジ前にいる店員に渡してします。
持ち帰る場合、紙を渡した時にお金を払い料理を受け取ります。
こじんまりした店内
料理
カップに入っているのは鹹豆漿
鹹豆漿は台湾風揚げパンなどのおかずが入った豆乳スープです。
お店によって様々ですが、このお店の鹹豆漿はスープにおぼろ豆腐が入った感じでした。
とても優しい味で美味しいですが、濃厚な豆乳感が欲しい場合は、豆漿(豆乳そのもの)を頼む事をおすすめします。
他の人の注文を見ていると、鹹豆漿よりも豆漿の注文の方が多かったです。
ハムと卵を挟んだ餅
餃子
餃子は甘めのタレが最初からかかっていました。とても美味しかったです。
その他
注文・会計は地面の足跡にそって並びます。
登山の旅
海外の旅
国内の旅