トップ>登山>話題
コロナの中で登山自粛に関するアンケート結果
コロナウイルス緊急事態宣言によって登山自粛するのか意見が分かれた4月、様々な意見がありました。ゴールデンウィークに合わせて接触の8割減など自粛ムードが高まってきました。
ゴールデンウィークが終了し、YAMAKEI(ヤマケイ)が5月15日締切の「登山自粛」に関するアンケート調査を実施しています。そこで、自粛ムードが急激に高まる前の2020/4/17(金)時点での登山者の登山自粛の意識調査を公開します。
アンケート概要
アンケートは登山自粛しない人を批判する意図はありません。アンケート実施した当時は、山岳4団体が自粛の共同声明を出す前であり、コロナウイルス緊急事態宣言が前日4/16(木)に出されたばかりで、戸惑う人が多い時期です。接触の8割減が言われる前で、人の交通量もまだまだ多かったと思います。
また個人攻撃しにくいようにアンケートは選択式にしてあります。当時は何か書き込みするだけで炎上しやすい状態でした。
アンケート実施環境
実施日は4/17(金)、回答者は235人、実施時間は2時間でした。アンケートは正義中毒に陥った心無い攻撃的なコメントによって短時間で締め切りとなりました。
アンケート結果
さいごに
アンケート実施に協力していただいた方々、ありがとうございました。また、アンケートの趣旨や行間を理解していただいた方々、正義中毒に対抗していただいた方々、ありがとうございました。
考えの違いから批判合戦がこれ以上加熱しないようにとの意図もあったアンケートでしたが、悪意のあるアンケートと正義マンに一方的にみなされてしまったのは、残念でした。
登山の旅
海外の旅
国内の旅