トップ>登山>話題
山小屋にとっての珍客・変わったお客様
山小屋を宿泊・利用する登山者の中には印象に残る変わった人がいます。
山小屋のスタッフ目線での変わったお客様は、登山者目線では気が付かない事もあるため、紹介していきます。
注意:実在したお客様たちです。
遅い時間に山小屋に到着するお客様
陽が暮れてから山小屋に到着する場合、失礼のないように山小屋に電話すれば大丈夫と考えているお客様もいますが、陽が暮れる前の到着が大切です。
電話で陽が暮れる前に到着できる代替の山小屋への宿泊をすすめても、翌日の登山予定のために、何が何でも宿泊する山小屋の変更を承諾してくれないケースがあります。
山小屋によっては夕食の予約は16時までに到着して申し込みが必要と明記している場所もあります。17時からの1回目の夕食で宿泊者全員食べれるはずが、17時より遅く来たお客様のために2回目の夕食時間を用意しなければいけないケースがあります。
遅い到着は遭難予備軍です。心配させます。
夕食や朝食を当たり前のように山小屋に求めるテント泊のお客様
テント泊のお客様に夕食や朝食を提供する山小屋もあれば、そうでない山小屋もあります。事前に調べずに食料を持参せずにテントだけ持ってくるケースがあります。似たようなケースとして宿泊は予約必須であるのに予約なしで来る人がいます。予約不要の山小屋もありますが、確認が必要です。
テント泊は食料の持参が必要な事もあります。
北アルプスでテント泊するなら、こちらで食事の提供可否が分かります。
テント泊で食事可能な北アルプスの山小屋情報
現金をお持ちでなく、山小屋のスタッフにATMを尋ねるお客様
クレジットカードに対応している山小屋は一部です。またATMは小屋の中及び周辺にはありません。自然災害等で延泊が必要になる事もあります。現金は余分に持っていくと安心です。
山小屋に自宅までザックの配送をお願いするお客様
ヘリコプターで食料品などの荷物を運搬する山小屋はあります。しかしお客様の荷物を配送する業務はしておりません。山小屋のスタッフをボッカとして雇えません。
登山地図を所持せずに山頂までのコースと時間を山小屋に尋ねるお客様
山小屋から山頂まで何時間もかかり、幾つも分岐点があるのに登山地図や地図アプリを持たずに登山口から山小屋まで登ってくるお客様がいます。道を知らずに地図なしは危険です。コースも時間も分かっていないのは、登山計画どうなっているのでしょうか?登山届出してなさそう。
山小屋で情報を収集する事は良いことですが、最低限の登山装備と登山知識は事前にお客様自身で調べてください。
山小屋とは無関係のゴミを山小屋に置いて行くお客様
山小屋によっては小屋で買ったビール缶のゴミも購入者が持ち帰る必要がある場合もあります。しかし、山小屋で売っていない商品のゴミを山小屋に置いて行くお客様がいます。山小屋スタッフにゴミのお土産は不要です。
布団の中に入れておくのはコンビニのゴミではなく枕銭だと嬉しいですね。
山小屋スタッフに上から目線のお客様
人生経験豊富な中高年から年配者に多いケースです。例えば、翌朝弁当が必要かどうか決めかねている登山計画が曖昧で優柔不断なお客様にどうするのかキレた若いスタッフに対して、お客様に対する態度じゃないと逆ギレされる事はお勧めいたしません。山小屋はホテルではなく、登山者の安全を確保する場所です。
夕食や朝食でご飯やみそ汁はお代わり自由な事が多いですが、「お代わりお願いします。」と「おい、お代わり。」では印象が異なります。スタッフもお客様も人間です。
台風直撃する日に登山可能か電話するお客様
台風直撃なので、電話するまでもないと思います。台風が直撃するどうかの確認は山小屋でなく、ニュースや天気予報で確認しましょう。台風直撃する日に既に山小屋にいる場合、翌日の予定があるかからと山頂へ普通に出かけていくお客様もいますが、危険です。
他人の物を盗まれるお客様
自分のサイズと同じ真新しい他人の登山靴を履いて、自分のボロボロになった登山靴を小屋に置いて行くお客様がいます。他に、乾燥室で他人の衣類を盗る人や、テント場で他人のテントを留守を狙って盗る人、山小屋が用意したお弁当を盗る人もいます。
山小屋に監視カメラはなくても、お客様自身の心の中には善良な監視カメラがいつも作動していると思います。
登山の旅
海外の旅
国内の旅