トップ>登山>話題
コロナウイルス緊急事態宣言の中での登山
コロナウイルス緊急事態宣言によって、今登山をするのは善なのか悪なのか議論が白熱し、SNS上での「登山行って来た投稿」が幾つも炎上する事態になっています。
本当に登山はいけないのか?善と悪どっちなのか?炎上投稿の中で、集団リンチの構造が出来上がっていたり、実名で悪口雑言まで飛び出す始末です。
様々な意見がある中で、私の思う事を述べたいと思います。
※2020/4/18(土)の内容になります。
緊急事態宣言の内容
各都道府県で多少の違いはあると思いますが、以下の事があります。
①不要不急の外出を控える。
②「密閉」「密集」「密接」の「3つの密」を避ける。
屋外での運動や散歩は生活の維持のために必要と考えられています。
長々書くと「法第45条第1項に基づき、生活の維持に必要な場合を除き、外出の自粛を強く要請する。また、やむを得ず外出する場合でも、「密閉」「密集」「密接」を避ける行動を徹底する。」
緊急事態宣言地域での登山は善か悪か?
私の中ではアウトだと思います。SNSで「こっそり高尾山~城山ピストン」とか「3密を避けて高尾山」と言う題名の投稿がありますが、普段の高尾山は登山者や観光客といった人込みだらけです。今はコロナの影響と緊急事態宣言が出ており、大勢の人が高尾山に行くのを自粛しています。そのおかげで今の高尾山はガラガラで密を避けられてると思います。(高尾山は分かりやすい一例です。)
じゃあ、高尾山に登山する人が悪かと聞かれたら、悪だとは思いません。悪か善かを自分の中で決めつけてしまうと、自分の中に必要のない正義が生まれてしまいます。そんな正義で誰かを不愉快と批判し、攻撃する私刑を実施する事は正しいでしょうか?
高尾山のように普段人込みだらけの山じゃなくても、丹沢山など緊急事態宣言が出ている地域は、ややアウトだと思います。もちろん、だからと言って悪ではないです。ただ山は待っていてくれると私は思ってるので、私も山に行くのを待っていようかな。
「3密じゃない」とか「車だから」とか「近場だから」と言う言葉を聞きますが、そうじゃないと思います。「0密」でも不要不急の外出を控えた方が良いと思いますが、それが正しいのか、善なのか聞かれたら分からないです。
人によって答えは違ってて良いと思います。私としては、答えが何なのかよりも、答えを求めるために思考する事が大事なのかもしれないと思います。
「アウト」と言うのは、誰かに対してではなく、自分に対してだと思います。なので誰かに「行くな」と言う事はしないと思います。人それぞれ考えがあると思います。どうしても行きたい場合は、SNSに載せないで自分の中だけで完結した方が、攻撃されないと思います。
登山だから炎上したり叩かれるのか?
「パチンコ屋行けば人がいっぱいいるよ。山の方がよっぽど人が少ないよ。」と言う意見とか聞いたりしますが、パチンコと比較するのは、少し違うと思います。叩くのも、また違う気がします。
実際、全国的に緊急事態宣言が出された後も、コロナの感染者数が多い県の観光地に人が殺到し、駐車場には多くの他県ナンバー、道路は渋滞になっています。それと比べたら登山は可愛い方だと思いますが、だから登山は善と言う考えは、SNSに書かない方が良いと思います。登山だから炎上するのではなく、SNS上だから炎上するのだと思います。
「緊急事態宣言地域の山に行って来た投稿」は不謹慎な行為として炎上の可能性が高いですし(実際に幾つも炎上してます。)、私としては登山写真が素晴らしくても「いいね」ボタンは押しにくいです。だって正義の圧力は本当に恐ろしいですよ。コロナウィルスによる影響で、登山をする人の多くが嫌な奴に見えてしまうほど、「不謹慎狩り」がSNSで多発してます。もし不謹慎の論調に流されてしまったとしても、「がっかり」ボタンを押さずにいたいものです。互いに嫌な気持ちになってしまいます。
緊急事態宣言地域「外」での登山は善か悪か?
不要不急の外出を控えるような要請がなければ、私はセーフだと思います。
ただ私は登山しに行かないと思います。どちらかと言ったら、他の山好きの人より山に行かなくても耐えられると思います。すごく山に行きたい時もあります。
コロナがどこまで広がっているのか実際のところ分かりません。無症状感染者や病院に行っていない潜伏感染者の事を考えたらきりがないです。可能性ばかりを気にするのは良いこととは思いません。しかし不要な外出をしたせいで感染してしまうのは自業自得でも、そんな自分のせいで自分が誰かに感染させてしまうのはすごく嫌です。
きれいごとを述べたかもしれないですが、本当は、大勢の人間に叩かれたらどうしようって考えてしまっていると思います。
緊急事態宣言地域外に住んでいる誰かが緊急事態宣言地域外の山に行く事は、私は悪いと思いませんし、引き留めません。私としては、同じ境遇でも自分はしない方針というだけで、誰かに自分の行動・考えを押し付ける気はありません。
緊急事態宣言地域「外」の登山記録の投稿は善か悪か?
私はこれもセーフだと思います。昨今の登山記録です。
ただ私は投稿しないと思います。誤解されたり、色んな考えの人がいるから投稿する勇気は私にはありません。そこまでして投稿したいと思わないし、自分の中にある自己顕示欲を感じてしまう気がします。私にとって自己顕示欲は依存性や縄張り意識が高いものなので、最新の注意を払って取り扱う必要があるものです。
仮に投稿するならコロナが収束してからすると思います。今SNSに投稿すれば炎上のリスクは高いけれど、コロナが収束すれば攻撃的な非難・中傷・暴言は出てこなくなると思います。
もしも今どうしても投稿したいなら、色んな反発に対して大人の対応が必須だと思います。
炎上投稿
実名のFacebookで炎上していた登山投稿がありました。
コロナ感染者が確認できている中では皆無の地域での登山記録でした。緊急事態宣言地域ではありません。
なぜ大炎上していたのか読んでみると原因は投稿内容ではなくて投稿者の言動でした。コロナ感染者がいない場所での登山でもあっても、大なり小なりコロナを心配したり、多少の批判のコメントが書かれるのは推測できた事です。(実名のFacebookなので投稿に対するネガティブなコメントは、最初はすごく柔らかかったです。)
しかしそんなコメントをコテンパンにやっつけたいのか、投稿者は理屈を並べ立てて論破しようとしたり、「日本人の民度の低さが問われるね。」と言われれば「お前も死んでいる!」と攻撃し、「医療崩壊は目前です。」と言われれば「医療破壊の根拠を教えろ。山へ行く判断は、そもそも自己責任だ。」と好戦的です。
自分が投稿した内容に対してのネガティブなコメントに攻撃的な発言ばかりしており、綺麗な登山写真も魅力を失って見えました。
この登山投稿は投稿者が仮に100%正しかったとしても、投稿者が反撃した瞬間、投稿者が悪く見られてしまうと思います。批判のコメントを書いた人たちによって、投稿者がより悪く見えるように印象操作されてしまいます。投稿者もコメントする人も、全力で自分の正義を振りかざして攻撃しなければ、最大限に炎上はしなかったと思います。
結果的に争いは白熱し、投稿者や投稿者を擁護するコメント、投稿者の意見に反するコメントも、その多くがすごい攻撃的で、人を傷つける言葉ばかりで悲しくなりました。意図せずに人を傷つける言葉でなく、「意図して人を傷つける言葉」は意見って言わない気がします。
悪意のある正義コメント
こちらも実名のFacebookで炎上した登山投稿です。
「緊急事態宣言中に登山する予定」があるのか質問してました。どんな山なら、どんな時なら、どんな手段なら、どんな地域か知りたかっただけのようです。
誰かを攻撃してるわけでもない投稿に、投稿者に対するケチ、非難、攻撃のコメントで溢れてました。「言論の自由だから意見を言わせてもらった。」と書き込みがありましたが、それって意見って言えるのか疑問に思います。「下らない投稿するなアホ、黙って自粛してろ」って投稿者を非難するのは、さすがにあきれてしまいました。「言論の自由」は自分の正義を振りかざして人を責める者にしか与えられていないようです。
「投稿が不愉快。みんなそう思ってるけれどコメントしないだけ。」と言う声を聞きますが、攻撃的なコメントの方が不愉快な気がします。正義を振りかざしてる時って、集団でいじめてる時と同じで、ドーパミンがいっぱい出て「快感」だよね。
正義と正義の傷つけ合い
自分勝手な正義をふりかざして人を傷つけている人に対し、反対意見を持った人によって正義を別の正義で成敗しようとするのは、正しい事でしょうか。正義と正義のぶつかり合いは、敵対するだけで何も分かり合えないし、何も変われないように思います。相手をやっつけて気持ちが満たされても、またすぐに飢えてしまうかもしれません。
登山記録を投稿するグループにコロナ情報を投稿するのは善か悪か?
そのグループの説明に「山に関する事を投稿してください。」と明記されているのですが、「投稿する場所が違う。」と言う意見には、賛成も反対もありません。(登山とコロナが関係する情報もありますしね。)
善か悪かを決める必要もないと思います。
この状況で登山記録の投稿を見たらコロナの情報を投稿したくなる気持ちは分かります。そんなコロナの投稿にうんざりする気持ちも分かります。
コロナウイルスで人の本性がむき出しに
コロナによるストレスが社会全体にのしかかっている中、みんな余裕がなくなって普段は見せないだろう本性が表に出てきている気がします。もしグループ登山で遭難して死の危険を感じたら、今コロナの影響で見ている本性が更に倍増してむき出しになるんだろうと思ったら、怖いですね。誰のせいにして、誰を攻撃するんだろう。
登山に行けず自粛しているストレス、医療従事でコロナと戦っているストレス、コロナで仕事に支障が出ているストレス、他にも色んなストレスがあります。そんなストレスを抱えた人に配慮して登山に絶対に行くなとは思いませんが、そんなストレスに共感出来たら良いですね。また、そんなストレスで人を攻撃するような人にならないようにしたいです。(医療従事してるから私の言葉は何でも正義と妄信して、人を強烈に攻撃してるの見ると、他に頑張ってる医療従事者のイメージ悪くなってしまいます。)
自分の中の相手に対しての許容量を増やさないといけないと思える出来事が続く日々です。あと自分の価値観を押し付けるのは誰の得にもならないし、時間の無駄だと思いました。
登山の旅
海外の旅
国内の旅