バリ島で外出禁止のお正月「ニュピ」を過ごす旅 1日目
インドネシアにあるバリ島へ初めての旅行です。バリ島と聞くとセブ島と名前が似ていて、どちらも美しい海で遊んで終わりのイメージでした。海は興味ないと思いながらネットでバリ島を調べると寺院や遺跡、自然の観光もあるようです。自然を求めにバリ島へ行くと決めたのは飛行機に乗る1週間前だったため、今回は航空券とホテルは自分で予約しました。
LCCのエアアジアなので食事は有料なのですが、行きの便だけ予約しました。モニター等の機内の娯楽はLCCなので、この食事以外はありません。帰りは深夜便なので食事不要です。
頼んだのはラザニアです。昼食用に予約したのですが、9時頃に出されそうになってしまったので、11時頃まで待ってもらいました。お味は日本の味と変わらず美味しいですが、量は少なめでした。
こちらはビーガン向けのピラフのような料理です。同行者はベジタリアンではないのですが、健康志向なのでこれを事前注文しました。
バリ島は交通機関が車のみで、電車がありません。なので観光は車と運転手とガイド付きのプライベートツアーを頼んでいます。出発までの1週間で飛行機やホテルの手配の他に、どこに観光に行きたいかの計画やどこのツアー会社を頼んだら良いかと色々検索で大忙しでした。結果、滞在2日目だけペラマツアーという会社のツアーを頼み、それ以外の日は大好きBALIという会社を選びました。
バリに着いたらAgodaで予約したManggar Indonesia Hotelというホテルへ向かいます。ホテルへは空港から無料で送迎してもらえます。
朝食付きで1泊約2400円/2人です。1部屋の料金なので1人1200円くらいでした。値段は変動するのでもっと安くなったと思います。
初日に何もせずに終わるのは悲しいので17:00に大好きBALIのツアーに参加しました。日本語対応OKなのでお勧めです。ガイドなしの車とドライバーのみを頼んだのですが、ドライバーさんは日本語をしゃべれました。日が暮れてからの観光は難しいのでケチャダンス鑑賞をお願いしてあります。天気は雨だったので屋内会場という事でBarong Dance Uma Dewiに連れて行ってもらいました。
ケチャダンスの感想は残念でした。合唱しながらトランス状態になっている男性は1人くらいで、ダンサーによって熱量にかなり差があるように感じました。ダンスや掛け声において、やる気あるのか疑う人が何名もいた印象でした。
それでも火を使ったパフォーマンスは迫力がありました。
ダンスが終わったら今度はガイドさんお勧めのレストランに連れて行ってもらいます。
ナシゴレン
味はとても美味しいです。レストランには日本人グループの観光客が大勢いたので、外国人向けのレストランだと思います。
サテ
サテも美味しい味付けですが何かの香辛料が強く、コーラと一緒に食べるとコーラの味が変になってしまいました。不思議な香辛料ですが、味そのものは食べやすいです。
食後はホテルに戻って今日は終わりです。明日はペラマツアーのツアーに参加します。こちらは英語のツアーなので、英語が出来ない私にとっては不安が残ります。
なぜこのツアーに参加したのかと言いますと、観光場所を調べる時に英語を使って検索した方が日本語よりも多くの情報が出てきます。その時に見つけたツアー会社です。日本語のツアー会社はお値段が高いイメージがあったので、英語のツアーを予約してしまいました。
実際はバリに感じては日本語ツアーとお値段は大して変わらなかったです。
登山の旅
海外の旅
国内の旅