バリ島で外出禁止のお正月「ニュピ」を過ごす旅 3日目
今日の朝ごはんはパンケーキです。出来立てのパンケーキを蜂蜜と共に美味しく頂きました。
今日は8時から大好きBALIのツアーに参加します。8時前にお迎えの車が来て出発しました。ガイドさんとドライバーさんは男性です。ガイドさんは初日のドライバーさんより日本語が苦手な印象でした。しかし、ニュピ前日でもガイドの仕事を引き受けてもらい感謝です。
午前中のみの観光になるので今日は2つの寺院に行きます。最初は世界遺産になっているタマンアユン寺院です。この山門から先の境内はお祭りの時以外は入れません。
境内の外から中の様子をうかがう事が出来ます。メルと呼ばれる多重塔が多く立ち並んでいました。
ここのメイン観光は境内周囲に沿った遊歩道を歩いて壁越しから境内を見るくらいです。他の寺院と比べて間近で触れ合えないので、ちょっと物足りないです。
闘鶏場もあった事がわかります。
次はタナロット寺院へ向かいます。道中、渋滞が発生していました。あちこちでニュピ前日のお祭りをやっており、いつどこで遭遇するか分かりません。お祭りの行列が通り過ぎるまで、その場で待機です。
KajarまたはKempli呼ばれる木魚のような打楽器やベルを鳴らして行進しており、その民族音楽をガムランと呼ぶようです。ツアーを終えた後もガムランを聞く機会がありましたので、それは後述します。
行列に車が足止めされたのは1ヵ所でしたが、その間も色々な道がお祭りのために閉鎖されていきながら、なんとかタナロット寺院へ到着しました。着いてみると中国からの団体バスが駐車場に沢山止まっていたので、午後はバスで観光出来るのか疑問です。午前中のみの観光でしょうか?
タナロット寺院は海岸にある寺院で、海に沈む夕陽と一緒に観光するのが人気になっています。干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができます。
本当は夕陽と一緒に見たかったのですが、予定を組み立てた時に1日中遊べる2日目はバリの中央部、5日目は東海岸の方を観光したかったので、西海岸にあるタナロット寺院の夕陽は諦める事にしました。
12時頃にはホテルへ帰りツアーは終了です。お昼はホテル近くにあるNuka Restaurantで昼食です。サテとチョコマンゴージュースを頼みました。
サテとはインドネシアの焼き鳥のことで、ナシ・ゴレンやミー・ゴレンと同様に一般的な料理です。甘くて濃厚なピーナッツソースがとっても美味しかったです。日本人の口に合います。
こっちの塩味もさっぱり美味しいです。今回の旅で一番美味しかった料理です。
店の外ではオゴオゴの出展準備がされています。午後は何もする事がないのでとりあえず近場のクタビーチへ向かう事にしました。
クタビーチへ到着!っと言っても何もする事ありません。ぼんやりしていると、そういえばオゴオゴってクタ地域ではどこに集まるのだろう?
事前に調べていませんでした。ホテルに戻って聞くのも面倒くさい。ネットで色々検索するとどうやらJl. Raya Legianと言う道でオゴオゴ祭がやっている模様です。
Jl. Raya Legianへ近づくにつれてお祭りムードが高まっていきます。どこもかしこも伝統衣装を着た人々で溢れています。
Jl. Raya Legianに到着しました。巨大なオゴオゴがいくつも展示されています。エントリー番号や説明書きがあったので、後でベストオブオゴオゴの投票でもあるのだと思います。観光客でごった返しています。
オゴオゴはどれも結構な力作で、クオリティーの高さからこの日にかける情熱を感じました。中には電動で動くオゴオゴもあります。
動物の上に鬼が乗っている作品が多いように感じます。個人的には猪と顔2つ鬼の作品が一番でした。
オゴオゴの展示通りにある寺院では色々な衣装や仮装をした人々が何かをする準備をしていました。
暫くするとガムランの演奏が始まりました。しばし神聖な音色に身をゆだねるとあっという間に時間が過ぎて行きました。
テレビ中継されている広場に行くと、次々と展示されてきたオゴオゴがやって来ます。凄い人混みで良く見えなかったので、撤退しました。
退散するにも人混みをかき分けるのが大変です。ビーチサンダルで一日過ごしてたので、泥水が足にかかったり、足を踏まれないように何とか無事に脱出できました。
夕飯はホテルへの帰り道にあったWarung Nasi Bebek Bu Rimaで食べる事にしました。
鶏肉の炭火焼は甘めのタレでとても美味しかったですが、注文したビールや氷入りの紅茶は常温でした。これが地元人用のワルンって事でしょうか。他の客は手で食べておりバリ流の食べ方ですが、私はフォークを使用しました。フォークが金属と思えない位柔らかく、使う前にナプキンで拭きました。(失礼には当たらないと思います。)
食後は少しお高めのスーパーに行き、明日の外出禁止「ニュピ」に備えて食料を買いました。そしてホテルに戻り終了です。
登山の旅
海外の旅
国内の旅