ホザキイチヨウラン

ホザキイチヨウランとは、無数の小さい花を穂状に咲かせる1枚葉を持ったラン科植物であることが名前の由来になっている多年草です。葉が2枚ある場合もあります。全草が淡緑色で、花の大きさは2~3mmと小さく、草丈は30cm程まで伸びます。

葉は広卵形で、基部は花茎を抱きます。葉の長さは4~8cmです。地下に古いバルブと新しいバルブが並んでいます。バルブ(偽鱗茎)で越冬します。苞葉は三角状披針形で先端が鋭く尖っています。花柄子房が360度ねじれて唇弁上位になるのが特徴です。広卵形をした唇弁の先端は鋭く尖っています。

亜高山の針葉樹林内に自生しており、海外ではヨーロッパやアジア、北アメリカなど分布域が広い植物です。

基本情報

和名:漢字
穂咲一葉蘭
学名
Malaxis monophyllos (L.) Sw.
分類:目
キジカクシ目 Asparagales
分類:科
ラン科 Orchidaceae
分類:属
ヤチラン属 Malaxis
分類:種
ホザキイチヨウラン M. monophyllos
花期
7~8月
赤リスト
環境省カテゴリ:なし
東京都:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
神奈川県:絶滅危惧IA類(CR)
山梨県:準絶滅危惧(NT)
分布
北海道, 本州(近畿以北), 四国
分布地
富士山, 丹沢, 剣山, 石鎚山, 岩手山, 早池峰山
その他

詳細情報

富士山(7月18日)
ホザキイチヨウランの蕾
蕾。花は下から上に向かって順に開花します。
ホザキイチヨウランの全体像

葉はやや艶があります。花茎を伸ばし始めた時は、蕾が茎の先端に密集し、ヤングコーンのような見た目になります。

ホザキイチヨウランの花
花は、花柄子房が360度ねじれます。

ラン科植物の花柄子房は180度ねじれることが多く、花の唇弁は下を向いています。しかしホザキイチヨウランは一周ねじれているため、唇弁は上を向いています。唇弁と萼片はだいたい同じ長さです。下向きに伸びている側花弁は長さ約2.5㎜あり、細長く細くい線形です。