登山デビューは北アルプスの笠ヶ岳で山小屋泊の旅 2日目
夜中の2時頃に目が覚めると、既に出発の準備をする人がちらほらいます。こんなに早く出発して、どこへ向かうのでしょうか。そして両腕がヒリヒリする痛みを感じました。薄暗い中、腕を観察しても何も異常ありません。
少し周囲が明るくなった頃、腕を見てみると日焼けしてました。日中、日焼け止めクリーム塗っていませんでした。日差し強くなかったし... 曇ってたし... 標高が2800m以上あるとこうなるんですね。顔は帽子着用のため日焼けを逃れました。
4:50から朝食ですが、ぎりぎり定員オーバーで5:20からの朝食に。天気は昨日よりも残念な曇りで視界不良です。笠ヶ岳山荘で日の出はおろか景色を展望する事は不可避事項なので、日の出時間と朝食時間が重なっても良しとしましょう。
5:51に笠ヶ岳山荘を後にしました。山荘にいる間、ずっとクマ鈴をリュックに着けていたけれど、本当は登山マナー的に外した方が良かったです。リュックは基本地面に置きっぱなしだったけれど... クマ鈴の出番は今後ほぼなくなります。クマ鈴の必要性がでる山は限られています。
帰宅してから気が付いたーーー(;´༎ຶД༎ຶ`)
一人登山でしたが、色んな人と会話をさせて頂きました。初めての本格登山で笠ヶ岳を選んだ私の事を不思議がっていました。まぁ、事の成り行きって事ですね。毎日あるぺん号の穂高温泉行が1席だけ空いてて衝動的に予約したとか... まぁ運命って事にしておきましょ。ヽ(*´∇`)ノ
山荘までガンバレあと一息っていうのがありましたね。行きは写真撮らなかったけれど。実際は二息、三息でした。(o´Д`)=з
♪last song for you 約束なしの お別れです♪
こうして、笠ヶ岳山荘とはお別れ... 振り返ると... 曇っててもっと前から山荘が見えへん!既にサヨナラし終わってました。
菌類の何かでしょうか?
抜戸岩を抜けると...
露に濡れたチングルマが可愛いったらなんのなんの(*´ェ`*)ウットリ
気が付けばあっという間に笠新道分岐に到着し、杓子平に向けて下っていました。まだ7時です。
ここからは行きは使用しなかったトレッキングポールの出番です。出かける前にちゃんとネット動画で使い方を予習してきました。前を歩く方とも山荘で良くして頂きました。感謝です。
ヨツバシオガマ
7:58に杓子平に到着しました。私の装備品と一緒に撮影。他の人のリュックよりも明らかに小さい。ここまで下りも結構急で、トレッキングポールなかったら困りものでした。手足が短いからなぁ~。
小雨が少し降っていましたが、木々に囲まれているので気にする必要なさそうです。
行きは気が付きませんでしたが、とても雰囲気のある場所です。赤ずきんのためにセッティングされたような木々達。
幸い今日は筋肉痛にはなりませんでしたが、流石に足の疲労がやばくなってきました。ちょくちょく小休憩を繰り返しながら下っていきます。
個人的には登りよりも下りの方が苦手って事が分かりました。
昨日も今日もヘリが飛んでいます。登山シーズンだけに登山者の事故が多いのでしょうか?
個人的にとても印象的な木を発見。
笠新道登山口に近づくにつれ再び晴れてきました。日焼けした腕が再びチリチリしてきます。木々と苔に囲まれた登山が終盤だと思うと感慨ですが、足が... 足が...
11:31に笠新道登山口に到着。帰りのバスの出発時間が14:45なので、ゆっくりできそうですね。昨日からの汚れを温泉で落としに行きましょうか。
林道を歩いて行きます。
12:38に新穂高温泉に到着しました。無事に下山できたことに感謝。笠ヶ岳山荘からの下山タイムは6時間47分でした。
中崎山荘奥飛騨の湯で昼食のカレー。700円です。やっぱりカレーは美味しいですね。
トマトジュースは400円。普段飲まないけれど、この時ばかりはトマトのさっぱり感がたまりませんでした。
14:45に新穂高温泉を発ちました。4列席のバスでしたが、乗客は13人と少なかったため、窮屈にならずに済みました。
中央道パーキングエリアでそばの夕食で旅は帰路へ。
1日目
登山の旅
海外の旅
国内の旅