トップ>日本>宮崎県>高千穂峡
高千穂峡
阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷え固まり侵食された柱状節理の断崖がそそり立つ峡谷で、「真名井の滝」が日本の滝百選に指定されています。
約17mの高さから水面に落ちる真名井の滝は、高千穂峡の川幅が狭まった部分に流れ落ちる滝で、撮影スポットになっています。
峡谷は高い場所で高さ100m、平均80mの断崖が東西に約7kmに渡って続いており、「五箇瀬川峡谷」として国の名勝・天然記念物になっています。
基本情報
住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山
アクセス
最寄りバス停は高千穂バスセンターで、以下の場所から高速バスで行く事が出来ます。
延岡駅:高速バスたかちほ号
熊本空港:高速バスあそたかちほ号
熊本駅:高速バスあそたかちほ号
博多駅:高速バスごかせ号
営業時間
24時間
料金
なし
観光シーズン
オールシーズン
観光時間
1時間~1.5時間
その他
高千穂三橋
ここから入口になります。
柱状節理
約12万年前と約9万年前の2回の阿蘇山の大噴火活動の際、阿蘇山から噴出した火砕流が、宮崎県北部までのびる五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたことによって柱状節理が出来ました。
真名井の滝
反対側から見た滝
高千穂峡貸しボートで真名井の滝の真下まで行く事が可能です。
値段は3,000円/1艇で乗船料金が別途1,000円/1名必要です。
営業時間は8:30~17:00で年中無休(増水時は運休)です。
おのころ池
登山の旅
海外の旅
国内の旅