トップ>ベトナム>ホーチミン>カンザー国立公園
カンザー国立公園
ホーチミンから南へ40kmの郊外にあるマングローブ林。数百匹の猿が住み着いています。ベトナム戦争の時にはベトコンキャンプの拠点となりました。
ベトナム戦争時の人々の暮らしが自然に調和した形で再現されています。当時、アメリカ軍の枯葉剤によってマングローブ林は破壊されましたが、植林によって現在は復活しています。
面積は75,000ha以上あり、植物は150種類を超えます。
マングローブ林の水上をモーターボートで移動する事が可能で、公園の一番奥にあるベトコンキャンプの基地跡へ連れて行ってもらえるが、徒歩でも可能です。
猿による物取りに注意が必要です。
基本情報
住所
Long Hoà, Can Gio, Ho Chí Minh, Vietnam
アクセス
行き方は3通りあります。
①ホーチミン市内から75番バスに乗りNgã ba Đao Khiで下車し徒歩で到着。
②ホーチミン市内から20番バスに乗りBình Khánhで下車し、
Can Gio行きのフェリーに乗る。
フェリーから降りたらBình Khánhで75番バスに乗り、
Ngã ba Đao Khiで下車し徒歩で到着。
③ホーチミン市内からツアーに参加する。
営業時間
7:00~17:00
料金
入場料:70,000VND, 往復ボート代:600,000VND(1隻)
観光
乾季(11~5月)
観光時間
1時間30分
その他
ツアーページ:CAN GIO 1 DAY:549,000 VND
入園前の注意
帽子や眼鏡を着用していると背後から猿に襲われ奪われてしまうため、鞄に閉まってください。車で来ている場合は車内に置いてくる方が安全です。一度奪われると係員でも奪い返せません。
鞄やポケットからお菓子を取り出すと襲われます。不用意に猿に背後に立たれると何かを奪おうとしてきます。
油断すると噛みついてくる猿もいます。放し飼いの野生の猿なので狂犬病予防などの病気管理は日本と違い、されていません。
サングラスを奪った猿
餌を撒くと群がってきます。
猿にお菓子を奪われそうになっています。
マングローブ林
猿の親子
生い茂るマングローブ
公園内に入るとマングローブ林が広がり猿があちこちにいます。入園前の注意を守れば安全に滞在する事が出来ます。
奪ったメモ帳で遊ぶ猿
公園入口からずっとまっすぐ続くメイン通り
メイン通りに沿って流れる川でボートに乗れます。
ワニが飼われています。
ベトナム戦争中、兵士がワニに丸呑みされ殺された事もあったそうです。現在は野生のワニはおらず、安全に管理されているためその心配はありません。
クルーズ
幾つもの橋の下をボートはくぐります。
マングローブ林の中をボートでクルーズする場合、往復ボート代は1隻600,000VNDになります。相席できれば乗った人数で料金を割れるので安くなりますが、人が来ないと待つ事になります。
ツアーで参加する場合はツアー代金に含まれており、安くなります。
ボートは両端がマングローブに囲まれた川の中を進んでいきます。途中で対向からボートがやってくるとすれすれに擦れ違い、服が濡れる事もあるためタオルがあると良いです。
船の操縦士
結構なスピードが出ます。
ボート1隻位しか通れない程の川幅まで来たら到着。
陸に上がるとそこはベトコンキャンプの基地跡。
ベトコンキャンプの基地跡
自然を守るために木道の上を歩いて見学します。
モニュメント
武器の展示もあります。
爆弾を製造しているようです。
当時の様子が再現されています。
作戦会議中です。
資料館
園内入口付近に資料館があります。
ホルマリン漬けの資料です。
登山の旅
海外の旅
国内の旅