トップ>ベトナム>ダラット>ランビアン山
ランビアン山
ランビアン山
ダラットの街から北に12kmほど離れたラックズオンにある、標高2,167mの双耳峰の山です。ベトナム南部最高峰となっています。
ランビアン山には悲しい愛の物語があります。若い男女がこの山の麓に住んでおり、偶然の出会いから恋に落ちました。しかし互いの部族が異なっていたために、結婚できなかった話です。それ故に現在は、愛の聖地として多くのベトナム人に親しまれています。
2ヶ所ある山頂のうち、一番標高が高い山頂は2,167mあり、ランビアンピーク(Lang Biang Peak)と呼ばれています。山頂へは乗り物では行けず、歩いていく必要があります。もう1つの山頂は標高1,929mあり、ラダーピーク(Radar Peak)と呼ばれています。麓から山頂までは4輪駆動車で行く事ができます。
山頂からは野焼きの煙やビニールハウスが広がる麓が良く見え、ダラットが田園地帯である事が分かります。
基本情報
別称
Lang Biang Mountain
住所
Lac Duong town, Da Lat, Vietnam
アクセス
ローカルバスで麓まで行くか現地ツアーに参加。
営業時間
24時間
料金
4輪駆動車1台:30万VND(乗り合いの場合は1人5万VND)
観光
乾季(11~5月)
観光時間
5時間
その他
登山靴でなくても登山可能。
山の入口
4輪駆動車は荷台に乗ります。
ラダーピークへ行くツアーに参加している場合、ここから4輪駆動車に乗って直接山頂へ行けます。最高峰のランビアンピークを目指す場合は、ここから車道または未舗装の登山道を歩いていきます。どのルートを選んでも、道は途中で合流し、2つのピークへの分岐へ通じています。
ランビアンピークへの登山
目の前の双耳峰がランビアン山です。
雲がかかる山頂
乾季であっても、山頂で展望が待ち受けているとは限りません。ガスってしまわないか事前に天気の確認が必要です。
勾配のある畑の脇を歩く
農業地帯
放牧されている馬
野焼き跡
畑を通り抜けると林の中に入ります。所々野焼きの跡があり、煙がくすぶっている場所もあります。歩いて2,167mの山頂へ目指すのは欧米の観光客が多いです。アジア系の観光客は1,929mの山頂へ4輪駆動車で向かう事が多いです。
ここで舗装された道路と合流します。
登山地図
舗装された道路との合流地点には登山地図があります。地図上のグレーの線が車道で、茶色の線が歩き限定による登山道です。このまま舗装された道路を上っていくと1,929mのラダーピークへ行きます。マップがある場所の右手に未舗装の道(茶色の線)が別に伸びており、そちらは2,167mのランビアンピークへ続いています。
2,167mある山頂へ
野生の馬ではありません。
目の前が山頂です。
急な階段を登っていきます。
粘土の細道
山頂に近づくにつれ足元が悪くなり、今までで一番の急勾配になります。
山頂(ランビアンピーク)
ランビアンピーク
ランビアンピークからの景色
野焼きが目立ちます。
ランビアンピーク
広いスペースがあります。
山頂の標識
ツアー
ダラットの街中にあるツアー会社でランビアン山トレッキングツアーを申し込むと、ランチが付いてきます。1人から参加可能のプライベートで、1人630,000VNDです。英語のツアーのみとなっており、ツアー時間は08:30~14:00です。ホテルピックアップになります。
ランチはマンゴーやパイナップル、バインミーのパンや野菜、お肉などです。お水も付いてきます。
ツアー
ランビアン伝説
ランビアン山はランビアン伝説という古い伝承があります。
ラン(K'Lang)とビアン(Ho-biang)は異なる民族の首長の子供で、2人は恋に落ちます。しかし互いの部族は激しく対立しており、2人はこの山に駆け落ちします。部族の統一を願うが叶わずに山中で命を落としてしました。その後、2つの部族は統一されてコホー族という1つの部族になったと言う悲しい恋話です。
舗装の登山道
野焼き
1月の桜
登山道だけでなく、車道でも野焼きによる火や煙があり、歩いて通るには煙たい場所もあります。
登山の旅
海外の旅
国内の旅