トップ>登山>マガジン
丹沢遊人 創刊号
丹沢遊人
登山は丹沢に始まり、丹沢に終わる。
山高きが故に貴からず。
丹沢の魅力を伝えていく企画です。丹沢登山で見つけた魅力を写真で伝えていきます。
丹沢には多くの山があり、多くの山頂があります。それぞれが個性豊かな特徴を持っており、数回丹沢に行っただけでは、その良さは理解しきれません。
丹沢は日本百名山の1つになっています。丹沢山塊とも呼ばれ、幾つもの山の集まりです。低山であり、都会からも遠くなく、公共機関による登山も可能であるため一年中楽しめる山になっています。
丹沢
丹沢の至る所から眺められる富士山。
その中でも塔ノ岳は格別である。
空気が澄んだ冬の時期は、富士山がはっきりと見える日が多い。
夏場、3,000m級の山に行っていた登山者も、冬は丹沢へ帰ってくる。
塔ノ岳山頂からの富士山
富士山
尊仏山荘
ギンリョウソウ
エビネ
オキナグサ
丹沢で一番素晴らしい尾根が表尾根。
鎖場があり、渋滞する事もあるが人気の証である。
それに見合った展望の良さがある。
三ノ岳付近から見た表尾根
地蔵
紅葉
大倉尾根の階段地獄
大倉尾根からの富士山
鹿
塔ノ岳のすぐ隣にある鍋割山。
展望も素晴らしいが、それより人気なのが鍋割山荘の鍋焼きうどん。
このうどんを食べに訪れる登山者は数知れず。
鍋割山山頂からの富士山
ユーシン渓谷
雨山橋から雨山峠へのルートにある滝壺
鍋割山荘
鍋割山荘名物の鍋焼きうどん
鍋割山山頂
日本百名山として丹沢に登ったと言うなら、外せない丹沢山。
塔ノ岳の隣にある山で、登山者の数は少なく静かな山旅ができる。
丹沢の代名詞である丹沢山の山頂
塔ノ岳と丹沢山を繋ぐ稜線
丹沢の最高峰である蛭ヶ岳。
山頂の蛭ヶ岳山荘で食べられる蛭カレーは名物になっている。
蛭ヶ岳山頂
バラの実
蛭ヶ岳と丹沢山を繋ぐ稜線
蛭ヶ岳山荘の蛭カレー
新緑がどこよりも美しい檜洞丸。
この時期に咲き誇るシロヤシオは檜洞丸の宝。
檜洞丸へ続く木道
檜洞丸へ続く木道
南アルプス
檜洞丸山頂
シロヤシオの樹
シロヤシオの花(5月)
展望のない畦ヶ丸が誇る名瀑の本棚と下棚。
本棚は早戸大滝、遺言棚と共に丹沢三滝である。
秘境の趣きがありながら、アクセスはしやすい。
本棚
下棚
畦ヶ丸山頂
ミツマタの群生地として知られるミツバ岳。
ミツバ岳山頂からの富士山
ミツマタと丹沢湖
ミツバ岳山頂
西丹沢の奥座敷に鎮座する大室山。
神奈川県と山梨県の県境にある。
登山者は少なく、静かな山歩きが楽しめる。
神奈川県の看板
山梨県の看板
犬越路
タンザワウマノスズクサ
西丹沢の大室山の隣に位置する加入道山。
白石沢から登るのが一般的で、登山道には大理石が埋まっています。
レンゲショウマやナツエビネなどの花が見れます。
大室山の方向から見た加入道山(標高1,418m)
山頂の看板
山頂の加入道避難小屋
ヤマトリカブト
エメラルドグリーン色の宮ヶ瀬湖を見下ろす高取山と仏果山。
その不思議な色は、他では見る事ができない。
高取山山頂からの宮ヶ瀬湖
仏果山山頂から
家族連れで楽しめる大野山
大野山山頂からの丹沢湖
大野山山頂
富士山と愛鷹山
木彫りのうさぎ
サンショウバラ自生地の不老山
サンショウバラは絶滅危惧種になっている日本固有種。
富士山と箱根の周辺にのみ自生しており、見頃の期間は短い。
不老山山頂にあるサンショウバラ
不老山山頂
登山の旅
海外の旅
国内の旅