気球に乗ったり地元ハマムを体験するトルコ周遊 8日目
今日は午前中、オプショナルツアーのボスポラス海峡クルーズ(5000円)に参加するか自由時間のどちらか選べます。添乗員の話ではオプショナルツアーがお勧めで以前このツアーをした時はみんな参加したと言ってました。
「みんな参加した」と言う魔法の言葉の効果なのかツアー客の半数が参加しました。私は食事なしの貸切クルーズで5000円は魅力的には見えないので個人行動します。
フニキュレル(地下ケーブルカー)
ホテルで朝食をとった後はイスタンブールの様々な乗り物に乗る事にします。まずはメトロでŞişli駅からTaksim駅に向かいました。次にフニキュレル(地下ケーブルカー)でTaksim駅からKabataş駅へ向かいます。
トラム(新路面電車)
地上にでたらトラム(新路面電車)でKabataş駅からEminönü駅へ向かいます。今回の主な目的は次の3つです。①イスティクラル通りを通る旧路面電車のトラムに乗る事、②ボスポラス海峡を安くクルーズする事、③ガラタ橋のたもとにあるサバサンドの店でサバサンド食べる事です。
トラムの外観も中も日本の電車とは異なっており、おしゃれでした。乗客はほぼいません。
Eminönü駅に到着したら人々の交通手段として使われる連絡船でボスポラス海峡を渡り、Üsküdar駅へ行きます。こちらが乗船券で料金は小銭ほどの金額です。
ヨーロッパ圏のトルコからアジア圏のトルコへ移動するので少しワクワクですが、観光用の船でないのでどれくらい楽しめるでしょうか?
何事もなく乗船・出航し、街並みを眺めます。あっという間にアジア側に近くなってしまいますが、小さな島にそびえる乙女の塔が見れました。
船の中で物乞いの子供にお金を何度か要求されましたが、一切無視してると側から離れていきました。
Üsküdar駅に到着し下船します。思った以上に楽しめたと思います。もう少し乗っていたかったです。何時間も乗るのは結構長すぎるかも。今度は
マルマライ線(海底トンネル地下鉄)でアジア圏のÜsküdar駅からヨーロッパ圏のSirkeci駅に移動します。実は午後の団体ツアーで再びこの海底トンネル地下鉄に乗るのですが、往復船よりも個人で先に地下鉄に乗る事を選択しました。
こちらが乗車券です。なぜツアーにマルマライ線が組み込まれているかと言うと、このドンネルの建設に日本の企業が関係しているからです。
マルマライ線(海底トンネル地下鉄)
特別な乗車感想はなくSirkeci駅に到着しました。サバサンドを食べるために歩いてガラタ橋まで移動します。
サバサンドのお店はすぐにわかりました。なぜここに来たのかと言うと、ネットで美味しいと評判でイスタンブールに来たならここに来ないと!ってクチコミがあったからです。
どうやらサバはその場で調理して提供するわけではなく既に焼かれているようです。イメージとは異なり行列もなく、すぐにサバサンドが手元に来ました。
具材はサバ、レタス、玉ねぎのみでシンプルです。お好みで塩とレモン汁をかけます。お味は... ...不味い。
やばい、どう頑張っても不味いとしか言えません。サバは固く、パサパサで脂がのっていません。生の玉ねぎは美味しいものじゃないし、パンもパサパサなので口の中の水分が一瞬で消える料理でした。
焼きたてのサバだったらまだましだったのかな?けれど大量に調理済みのサバが並んでたので、焼きたてのサバに巡り合える確率はどうでしょうか?
食べかけのサバサンドをバックの中にしまい、ガラタ橋を渡ります。日常生活の何気ない景色が良いですね。
Tünel(地下ケーブル)
次はTünel(地下ケーブル)でKaraköy駅からŞişhane駅へ向かいます。この地下を走るケーブルカーはロンドン地下鉄に次いで世界で2番目、ユーラシア大陸では最初に開業した地下鉄です。
世界一短い地下鉄で駅は始発と終点の2駅のみで全長573mという短さです。世界一と聞いていたので、乗ってみたかった乗り物です。今日、色んな乗り物に乗ろうと思った要因の1つです。
Şişhane駅の外を出るとイスティクラル通りに出ます。そこでトラム(旧路面電車)に乗車します。観光としてトラムに乗るか、足が悪い人向けだと思います。歩ける距離なのとトラムのスピードは速くありません。
トラム(旧路面電車)の車内
こちらがトラムの乗車券です。様々な乗り物に対して乗車券は一部共通で使えます。
地元の子供なのか無賃乗車しているようで、途中で乗務員に怒られていましたが、懲りずに再乗車してました。というよりトラムを遊び道具にしている感じでした。
終点のタクシム広場で下車し、メトロに乗ってホテルへ戻りました。
団体ツアーにホテルで合流するとエジプシャンバザールを観光しました。活気があり見ているだけで楽しいですが、グランドバザールの方が雰囲気あるように感じました。
その後は午前中に行ったSirkeci駅にバスで行き、構内のレストランで昼食です。
団体でマルマライ線に乗車した後はÜsküdar駅でフリータイムとなり、近場を散策しました。
再び集合するとマルマライ線でSirkeci駅に戻った後はイスタンブール空港へ向かいました。
ここで現地ガイドとドライバーとはお別れし、飛行機に乗って日本へ帰国になります。
登山の旅
海外の旅
国内の旅