気球に乗ったり地元ハマムを体験するトルコ周遊 1日目
東京(羽田)を出発し、ドーハに到着。今回の旅は羽田空港から添乗員さんが共に行動するので、ドーハでの乗り換えも心配不要。
写真はドーハの空港内。次の飛行機までブラブラ。
イスタンブールへ、いざテイクオフ!
イスタンブールに着いたら現地ガイドと合流し、バスでアンカラへ目指しました。15時間ほど飛行機に乗り、さらに5時間以上の長距離バス移動はさすがに疲れました。
スルメリ(Sürmeli)ホテルに到着したら、ホテル内で夕食。
ホテル周辺の売店ではお水500ml一本が1リラ(その当時のレートで約50円)で販売されてました。
アタテュルク廟へはホテルから地下鉄に乗って出発しました。切符は回数券を複数の人が同時に使い回しができるみたいです。切符を買ったわいいけれど、やり方が分からなかったら近くにいた人が教えてくれました。
また地下鉄も乗り換えなければならなかったけれど、乗り換え場所が分からずにいると周囲の人が親切に教えてくれました。
アタテュルク廟に到着。解放時間が過ぎていたため敷地内に入る事は出来ませんでしたが、ライトアップされてる姿を敷地の外から見る事が出来ました。
アタテュルク廟近くの売店でお土産を買いました。
トルコの紅茶チャイとウルケル(Ülker)が製造するチョコレートなどなど。ウルケルはトルコの食品企業でチョコレートで有名なゴディバを子会社として持っているんだとか。値段は安いのに美味しかったです。ピスタチオ入り<チョコレートは珍しいかも。
近くにアンカラ駅があったので、少しだけ足を延ばしてみました。
行きと同じ地下鉄に乗ってホテルに帰りました。時間的に、最終電車みたいで電車の中へ手招きする車掌さんの後を小走りする乗客達と私。
地下鉄の切符
登山の旅
海外の旅
国内の旅