寄生植物とは、他の植物に寄生をする植物のことです。寄生植物の一覧を紹介します。寄生することでしか生きていけないため自生地が限られ、出会うことが珍しい種から、道端で大量発生している種もいます。ハマウツボ科の植物の多くが寄生植物として知られており、他にヤッコソウ科やラフレシア科などがあります。

寄生植物は、自ら光合成をしないため葉緑素が存在せず、葉が退化しています。それ故に独特な見た目をしていることもあり、一部の山野草マニアに人気があります。

他の植物ではなく、菌に寄生する植物は腐生植物と呼ばれており、一般的な寄生植物とは分けて考えます。どちらも光合成をせず、見た目が個性的な種類が多いのは共通しています。

ミヤマハンノキの根に寄生します。乾燥させたものは漢方になり、中央アジアで採れるホンオニクは栄養ドリンクに入っています。日本のオニクは採算が取れないため、使用されていません。山梨県では絶滅危惧IA類になるなど、自生ヶ所や生息数が少ないです。
ハマウツボ科植物
キノコに間違われることが多い寄生植物です。全ての個体が雌株であり、単為生殖します。稀少な種であるため、出会う機会が少ない日本固有種です。
ツチトリモチ科植物
アジサイ科植物の根に寄生する植物です。開花してから1週間程で茶色く変色するため、見頃が短い植物です。花から香りを出す他家受粉個体と無香の自家受粉個体がいます。
ハマウツボ科植物
カバノキ科やブナ科などの樹木の根に寄生します。山で出会うことが多く、高尾山や丹沢などで見かけます。白と紫のコントラストが綺麗な植物です。
ハマウツボ科植物
マメ科やセリ科、キク科など様々な植物の根に寄生します。春に、公園や道端などで大量発生していることも多く、比較的見つけやすい植物です。外来種ですが、種子は10年以上発芽能力を失わないため、強い生命力で日本に定着しています。
ハマウツボ科植物
イネ科植物の根に寄生します。ピンク色の煙管の姿をしており、基本的に低山で見かけます。
ハマウツボ科植物
イネ科植物の根に寄生します。平地で見かけることが多く、オオナンバンギセルとは自生地が被りません。田んぼの稲に寄生することがあり、害草と見なされる一方で、観賞植物として育てる山野草愛好家もいます。
ハマウツボ科植物