ナベワリ

ナベワリとは、葉にある毒を舐めると舌が割れる「舐め割り」の言葉がなまって変化したのが名前の由来になっている多年草です。草丈は30~60cmあります。葉の付け根から湾曲した糸状の花柄が伸び、黄緑色の花を下向きに咲かせます。4枚の花被片は2枚ずつ対生します。2枚ある内花被は互いに同じ大きさですが、2枚ある外花被は大きさが異なります。花の中央にある葯は黄赤色です。

山地の樹林内に生え、根茎は地中を横に這い、節がありそこから発根します。卵状楕円形の葉は互生し、短い葉柄があり無毛です。葉の縁には鋸歯状の切れ込みはなく波上に縮れます。葉の長さは6~15cm、幅3~8cmあります。果実は卵円形で先端は嘴状に尖ります。種子は楕円形で長さ4mm程です。

同じような植物として花がより小さいヒメナベワリや、2枚ある外花被が互いに同じ大きさであるシコクナベワリ、他にコバナナベワリやヒュウガナベワリが日本に存在します。

基本情報

和名:漢字
鍋割
学名
Croomia heterosepala
分類:目
タコノキ目 Pandanales
分類:科
ビャクブ科 Stemonaceae
分類:属
ナベワリ属 Croomia
分類:種
ナベワリ C. heterosepala
花期
4~5月
分布
関東~九州
分布地
丹沢, 香嵐渓, 大雄山最乗寺
その他

詳細情報

ナベワリ
葉に隠れるように咲く花
ナベワリ

花は卵円形で平開し、内面には微細な乳頭状突起があります。

ナベワリ

花柄が伸びる葉の付け根はほんのりピンク色になります。

ナベワリの葉
ナベワリ
ナベワリの花
花の背面

葉は2~4枚ある個体が多く、葉の表面には深い並行脈が縦に5~9脈あります。