アキザキヤツシロラン

アキザキヤツシロランとは、暗い深緑色をした花を1つの花径に多数咲かせる、地上部の背丈が約10cmのラン科植物です。地味な色と小さな姿は、主な自生地である竹林の地面に同化しやすく目立ちません。

花弁と萼片は基部で合着しており、花は物理的に全開できません。唇弁には毛がなく、ハエがやってくると受粉を成功させるために唇弁を下げて一時的に閉じ込めます。

光合成をしないため葉が退化した膜質の鱗片葉が存在します。花を咲かせる時期になると、光を感じるまで地中から地上へ花径を伸ばします。クロヤツシロランと姿が似ていますが、開花時期が僅かに遅れます。開花期間は3日くらいと短く、結実後に背丈が伸びて遠くに種子を散布するのは同じで、果実の姿では、クロヤツシロランとの区別はつきにくいです。

整備されずに放置された竹林の、朽ちた竹が存在する場所でしか見かけることはなく、遭遇しにくいです。塊茎を地下部に持っていますが、毎年同じ場所に出現するとは限りません。

基本情報

和名:漢字
秋咲八代蘭
学名
Gastrodia confusa
分類:目
キジカクシ目 Asparagales
分類:科
ラン科 Orchidaceae
分類:属
オニノヤガラ属 Gastrodia
分類:種
アキザキヤツシロラン G. confusa Honda et Tuyama
花期
9月末~10月初旬
赤リスト
環境省カテゴリ:なし
東京都:絶滅危惧IA類(CR)
分布
関東~九州
分布地
大楠山, 高麗山
その他

詳細情報

中国語では「八代天麻」と呼ばれています。クロヤツシロランと一緒に見かけることもあります。翡翠色の花を咲かせるヒスイアキザキヤツシロランという品種が存在します。
1枚の背咢片と2枚の側花弁、そして2枚の側咢片が合着した筒状の花の中には、唇弁や葯、蕊柱があるのが見えます。怪獣の口や鳥の嘴を連想させる姿です。
蕾から開花が終わるまでの期間が短く、1つの自生地における見頃は一週間ほどです。
1個体に9個の花がついています。
アキザキヤツシロラン
地面と同化した群生
クロヤツシロランと比べて背丈があり、少しは見つけやすいですが、頭上からだとどこにアキザキヤツシロランがあるのか分かりにくいです。自生地はたいてい蚊や蜘蛛などの虫が多くいます。
蕾(9月20日)
開花した状態(9月23日)
アキザキヤツシロラン 果実
果実(9月23日)
クロヤツシロランと同様に、塊茎は翌年残らないため、毎年同じ場所に姿を現すことはありません。果実はそっくりで、種子散布のために急激に伸ばした背丈も同様のため、クロヤツシロランと見分けるには、蕾か開花の時が簡単です。
色の濃さは個体差があります。
群生
アキザキヤツシロラン 群生
ショウジョウバエの頭に花粉
ヤツシロランはどれも腐生植物(正式には菌従属栄養植物)です。根系に菌根を形成し、土壌にいる菌に寄生して栄養を一方的に奪っています。そのため、環境が変わると生きていけません。
ライトで照らした姿。
怪獣のような見た目です。
クロヤツシロラン
開花時の背丈や花の形が異なります。
開花した後の果実の姿。
似たような植物として、ムニンヤツシロランやヒスイアキザキヤツシロラン、ハルザキヤツシロランなどがあります。他に屋久島の椨川に分布するタブガワヤツシロラン、奄美大島のアマミヤツシロラン、竹島のタケシマヤツシロランなど、地域性による違いがあるヤツシロランが未発見を含め数多く存在します。