トップ>植物図鑑>ヒメノヤガラ
ヒメノヤガラ
光合成をせず菌根菌から栄養をもらう腐生植物(菌従属栄養植物)です。開花時の高さは5~20cmくらいの小柄です。花も含め地上部全体が褐色ですが、個体差があります。
直立した茎には互生の鱗片葉が貼り付いており、5~15個ほどの筒状の花をつけます。全体的に毛はありません。
ランの仲間は小花柄と子房の境が明瞭でないため、小花柄と子房の両方で花柄子房と呼びます。ヒメノヤガラの花柄子房がねじれておらず、ランの仲間に見られる唇弁は下側にある事が多い花弁なのですが、上側にあります。
オニノヤガラという似た名前の腐生植物がいますが、同じラン科でも属が異なり、オニノヤガラの背丈は1mを超える程長いです。
基本情報
和名:漢字
姫の矢柄
学名
Hetaeria shikokiana (Makino et F.Maek.) Tuyama
以前はChamaegastrodia shikokiana Makino & F.Maek.でした。
分類:目
キジカクシ目 Asparagales
分類:科
ラン科 Orchidaceae
分類:属
ヒメノヤガラ属 Hetaeria
分類:種
ヒメノヤガラ H. shikokiana
花期
7~8月
赤リスト
環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
神奈川県:絶滅危惧IB類(EN)
分布
岩手県以南から九州、琉球列島、伊豆諸島
分布地
丹沢, 清澄山, 横倉山
その他
共生菌はリゾクトニア属
植物
開花期の個体
出現場所によっては小柄でも目立ちます。
日本では岩手県以南から屋久島、伊豆諸島、海外ではヒマラヤ、中国、朝鮮半島南部に分布し、林床に生えます。
花の形態は、外側の上部に側萼片、外側の下部に背萼片、内側の上部にT字型の唇弁、その左右に側花弁があります。花の内部には球状に突出している部分があります。
7月24日(丹沢の大倉尾根)
菌従属栄養植物は光合成をしないので、光合成生産物である炭素化合物を菌根菌に渡す事はなく、菌根菌から一方的に養分を奪って生きています。
菌従属栄養植物は単体で生きる事は出来ず、どこでも育つわけではないので、移植が極めて困難です。
登山の旅
海外の旅
国内の旅