トップ>タイ>ロッブリー>プラーン・サームヨート
プラーン・サームヨート
クメール時代の3基の塔堂(プラーン)をもつ寺院。寺院は12世紀末から13世紀のクメール支配によるジャヤーヴァルマン7世の統治時代に築かれたと言われています。
当初はヒンドゥー教の寺院であり、3基の塔はヒンドゥー教の神ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの三神一体を表すものとされています。
ロッブリーは街中に猿が暮らしており、特にこの寺院には多くの猿が集まる事で有名です。
基本情報
住所
Wichayen Road, lopburi, Thailand
アクセス
ロッブリー駅から徒歩7分。
営業時間
8:30~17:00
料金
入場料:50バーツ
観光シーズン
10~2月(乾季かつ冷季)
観光時間
30分
その他
猿に襲われないように注意が必要です。
寺院入口と周辺
寺院入口
寺院周辺で人と共存する猿
猿に占拠された建物
地元のテレビでおなじみの光景
地元のテレビでロッブリーが紹介される時、このシャッターが閉まったお店が映し出されます。ここは猿がよく集まり、遊び場のようになっています。
日陰は猿の休憩場所
街中が猿優先道路です。
無免許運転の猿
3基の塔堂(プラーン)内部
遺跡の中への入口は1か所で、敷地への入場場所の目の前にあります。
中へ入る時は周囲にいる猿に注意して扉の開閉をする必要があります。必ず猿が建物内に入らないように扉をちゃんとしめてください。
外より中の方が涼しいので、扉を閉め忘れると大量の猿が遺跡の中に入り込みます。中に猿が入り込んだ場合、職員が猿を追い出します。
内部の天井には小型のコウモリが住んでいます。
遺跡の中に入りたい猿の群れ
金網越しから外にいる多くの猿を観察する事ができますが、指を外に出すと怪我の原因になります。
扉の閉め忘れ
可愛い瞳が見つめてきます。
遺跡の外
重要な石像も猿には関係ないです。
エサを持ってくると群がります。
人が行けない場所でも簡単に猿にはへっちゃら。
エサを持っていなくても背後から襲い掛かってくる個体がいるので注意が必要です。野生の猿なので、予防接種等はしていません。
登山の旅
海外の旅
国内の旅